シニアが老後貧乏にならない"思考とネットスキル"

無料でYouTubeを学べる教科書

メルマガ登録

手に職だけで食えなくなる!今後消えゆく職種とは?

消え行く職種新入社員のニュースが報じられるシーズンですね。
自分には遠い過去の話ですが・・

そんな中ネットで、とんでも無いまとめ見つけてしまいました。
それがこれ。

「働きたくても場がなくなる‥今後消えゆく職種とは?」

この内容、わかっちゃいるけど衝撃的です(^_^;)
タイトルの今後消え行く職種ってのが怖すぎます。
自分の職種は大丈夫か?って結構引かれます・・

勿論、残る仕事もあるんでしょうが
単純労働のほとんどは無くなってしまう
というような記事です。

私が初めて就職した、昭和の時代には考えられない
ようなサービスがいまではたくさんあります。
携帯電話はもう過去になり、今では
スマートフォンという小型モバイルを
誰もが外で使える時代です。

ゲームしたり、情報収集したり、仕事したり・・
ホント何でも出来ますね。

紹介したまとめ記事の中で、特に驚くのは
「企業の寿命が個人の労働寿命より短い」
というあの”神田昌典さん”の言葉の引用部分。

コレはどういうことか?
昔なら、ひとつの技術を身につければ
一生その職種だけで食いっぱぐれなんてなかった(^_^)。
終身雇用の考えも一般的でしたからね。

大工になったら大工だけで良かったし、
イラストレーターならイラスト一本で飯が食えた。
ひとつの企業に就職すればもう老後も安泰ッ♪
て感じでした。それが今では・・・

単純作業だけがじゃない!技術職も就職できなくなる?

しかし今後は・・

テクノロジーが今まで以上に進化。
作業の自動化が更に進み、ほとんどが
ロボットに代替すればできてしまう・・
その為、資金のない会社は置いて行かれ
どんどん潰れてしまいます。

当然、労働力(人間)も自動化されれば
大幅に必要無くなります。要は技術や意欲はあっても
「会社がない・・・」
という自体になってきます。

逆に技術に加え、経験と管理能力があれば
どんな会社からも引く手あまたです(^_^)

でも、そんな人は極少数。大半は会社の歯車
労働力として生きてきた人たちなんですから。
今後そんな人達の生きる道はどうなるのか?

正直あまり考えたくありませんが・・
おそらくいろんな職種を渡り歩くような
「渡り鳥」がスタンダードになるのではないでしょうか?

「手に職だけで生きて行ける時代では無くなった」
これは認めざるおえません。
あなたが趣味でやるのなら別ですが。

テクノロジーが進んで”裕福になる人”と”貧困が進む人”
この二極化は今後さらに加速するでしょう。
アベノミクスなんかに期待してはいけませんよ。

トレンドを知っておくことも大事!

できれば私も貧困にはなりたくないし・・
精神的にも体力的にも難しいですから。
それもあってネットビジネスを今から
選択しているわけです。

私は、トレンドアフィリを実践しているので
日々ニュースをチェックする癖が付いているので
こんなネタもいち早くキャッチできちゃうわけですね。
知ってるだけで、手を打てることって意外に多い。

アフィリを実践してなくとも、仕事選びには
もはや日々のニュースチェックは不可欠です。
こんな情報を知っていれば、衰退していく職種に
就職しちゃった・・なんてこともなくなります。

もしあなたが、今後の人生を少しでも楽に生きたい
と願うのであれば世間のトレンドを知ることや
マメなニュースのチェックは今からでも
やっておく事をオススメします。

無料でYouTubeを学べる教科書

メルマガ登録

YouTubeで月10万円稼ぎ続ける!基礎構築講座2017

URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

Return Top